その5

 千香さん、8:20AM来る。8:30、オペ室に移動。
局部麻酔なので身体への負担は少ない。手術台に寝ていると有線の音楽がちょっと私
にはうるさい。もっと静かな音楽に変えてもらった。

 足首の近くに麻酔の注射をうつ。これが痛い。我慢。
「痛くないですか?」とDrが聞く。私が「全然痛くないです。」と答えるとDrは「もう、切って
いますよ。」との事。全く感じない。

 途中、ピリピリと痛みが走る。「今、神経に触っています。ごめんなさい。」とDr。
続けて、「神経に注射しますよ。痛かったらごめんなさい。」

 ん〜、ちょっと痛い。ピリピリと電気的な痛みが走る。「もう神経を切りました。
もうすぐ終わりますよ。」

 事前にネットで神経を切る時の痛みはどの程度のものなのか調べたが、五体に凄まじい
痛みが走るとの記述もあった。私も覚悟していたが、なんのなんの、大したことはなかった。

 オペの時間は正味20分ほど。案外短かった。9:30、千香さんと病室に戻る。

 午後から部長回診。担当のDrと話をする。もう総てをおまかせします。




        

                                        

                       

inserted by FC2 system