その2

 多発性神経炎の発症原因は糖尿病、膠原病、薬物中毒、ビタミンBの不足、その他
いくつかある様だが私には当てはまらない。もっとも原因がわからない割合が3割近く
あるそうで、私もそこにはいるだろう。

 こうなると治療をどうしていくかが問題で、Dr.としては薬を出して様子をみてみましょう
という事になる。メチコバール、トリプタノール、パキシオ、などの薬を2か月分ずつ貰って
服用する。

 Dr.は「歩く姿は健常な人と変わりませんね。軽症でしょう。薬で様子をみましょう。
元気で次回来て下さい。」と私を励ます。暗い感じのDr.よりは明るい方が良いけれど
しびれがある身としては何か複雑。

 こんな事の繰り返しで1年半と幾月かが過ぎた。この間、しびれは治まらず症状は変わら
ない。
しかし、日常生活には困らないのだ。山歩きには少なからず影響している。
運動能力が随分落ちた。地図に表示されているコースタイムでは全く歩けない。2割ほどは
余計にかかる最近はバランス感覚がとみに悪くなってきた。

 加齢のせいだと言う人もいるけれどけしてそれだけではない。まあ、無理せずに行ける山へ
行こうではないかと自分で納得させる。だけどもう山スキーは出来なくなったね。
シール歩行で登るにしても他の人についていけないし、心配をかけてしまう。山スキーは
このへんが止め時かな。


                       

            

                                 

inserted by FC2 system