奈良散歩


   
 東大寺は華厳宗で本尊は毘盧遮那仏です 鏡池越しの中門と大仏殿 



   
 南大門には大華厳寺の額があります 道の傍らに静かに座っているのでびっくり 



   
 二月堂へと続く坂道 懸崖造の二月堂 



  興福寺です。もし、興福寺という存在が

無ければ日本文化史も変わってしまうに

違いないと街道をゆくの中にありました。
 



クリックで拡大



  唐招提寺金堂は一説では天平宝字三年

(759)の造営という説があります。唐に

あっては玄宗皇帝の晩期にあたります。


この建物は講堂です。最初は寺院の建造物

ではありませんでした。平城京の庁舎でした。

明治三八年より行われた解体修理の時、この

建物が平城京の東朝集殿であると判明しました。
 
 





  現存する塔の中で最も素晴らしいと言われているの

は「凍れる音楽」との呼び名のある薬師寺の東塔(建

立は730年とされる)です。又、昭和五十六年にはか

って存在した(1528年焼失)西塔が再建されました。
 



薬師寺東塔です   再建された西塔です



 
 クリックで拡大



優美さが漂う東塔です 薬師寺金堂です



復元された遣唐使船です 平城宮朱雀門です
 訪れた時期  2011年盛夏
 
inserted by FC2 system