街道徘徊


 司馬遼太郎は学生時代からよく読んだ作家の一人だ。
 そしていつの時も何かしら気になっていた。
  
 そうか、「街道をゆく」を読もうと思いながらまだ読めずにいたのだ。


 読んだら次はそこへ行ってみようか。
 行ってみれば少しは人生が深まるかな。
  
 なんてそんな大それた事は考えず、適当にフラフラと歩いてみよう。


 もちろん、司馬遼太郎が歩いた跡を忠実に辿る事は私には無理。
 アバウトな事になるけれどまあ、それで良しとしましょう。

 何処まで「街道をゆく」を徘徊できるか、すぐに挫折するか
 わからないけれど、私としても楽しみです。        (=^・^=)

                  
湖西のみち   竹内街道   葛城みち   河内のみち  
洛北諸道    紀ノ川流域   丹波笹山街道   堺・紀州街道  
大和・壷坂みち    明石海峡と淡路みち    熊野・古座街道     大和丹生川街道   
叡山の諸道   神戸散歩   高野山みち   十津川街道  
 近江散歩   奈良散歩     嵯峨散歩   大徳寺散歩   
 播州揖保川・室津みち              
               
北国街道とその脇街道   甲賀と伊賀の道   潟のみち   佐渡のみち  
信州佐久平みち    越前の諸道    飛騨紀行    濃尾参州記  
郡上白川街道越中道               
       
 神田界隈   因幡・伯耆のみち    横浜散歩    赤坂散歩   

                 

 

inserted by FC2 system