郡上・白川街道と越中諸道


   
 姿形の美しい郡上八幡城  名物は肉桂菓子



  常縁という人が歌道の秘密伝授である

古今伝授を初めてやったということです。



彼は二条流の家元の二条為氏から歌道の秘密

伝授を受けていたが、その相伝の秘密を、京から

やってきた連歌師の宗祇にさずけるのである。

宗祇の晩年の事で、常縁から古今伝授の総てを

受けるのに六年もかかったと言われるが真意は知

らない。
 (街道をゆくの文章です)
 



クリックで拡大  クリックで拡大



       今は湖底となっている寺院の境内にあった

     桜を移植したそうです
 



     白川街道はこの水底を通っていました。

      御母衣の里もこの湖底にあります。



御母衣ダム・・・「みぼろ」と読む 平瀬村、旧遠山家、合掌造りです





クリックで拡大



  天正13年の大地震で帰雲城とその集落

が埋没した時に出来た崩落跡との事です。
 



   



 
 司馬遼太郎氏一行が宿泊した旅館。  岐阜の白山三馬場の一つ、平安時代
には白山登山で賑わったそうです
 
 訪れた時期 2010年 盛夏
 
inserted by FC2 system