大徳寺散歩

 
威厳のある総門です  クリックで拡大します



   
 クリックで拡大  勅使門です



  三門(金毛閣)です・・・弟子の古渓は施主を

永く顕彰する為に利休の像を楼上に置きました


その像は雪駄を履いて立っている為に下を通

る秀吉に対して僭上、不遜、無礼、増上慢とい

うふうに誤解され、利休は死罪になりました



仏殿です・・江戸時代1665年に再建されたそうです



    仏殿から法堂へと廊下でつながっています クリックで拡大します



 
 静寂な塔頭です。  
訪れた時期  2010年春  
 
inserted by FC2 system