明石海峡と淡路みち


       このお城は海側からから見ると鳥が翼を広

     げているように見えてとても美しい姿です。
     


      徳川家康がこれだけの城を造らせたのは長州

    の毛利氏と薩摩の島津氏に対する牽制であっ

    たそうです。
 



   
 魚ノ棚商店街  淡路島から見た明石大橋



岩屋の漁港です たこフェリーは運行していません



   



   
 岩屋の神社  新しい城の跡です



   
 山の上の旧城です  三熊山から見た洲本の町並み



   
 旧城の石垣  クリックで拡大します



   
中浜稔猫美術館  



   
 国分寺跡  境内に残っている礎石



   
 道の向こうは播磨灘  



 



   
 終わりかけの渦潮  鳴門の大橋


 訪れた時期 2011年春
 
inserted by FC2 system