その5
入院8日目

10月1日(火)


今年も10月になりました。本当に月日の経つのは早いもので、入院していると世界が狭くなってくる。
病室の窓を少しばかり開けて秋の風を感じよう。

日曜日の朝あたりから脈も綺麗で乱れていないとドクターより話があった。
3日に検査を行い、結果が良ければ退院の方向で考えましょうとの事だった。

心臓機能を補う薬は服用しているが脈を調整するサンリズムカプセルは服用していない。

息が乱れない程度のウォーキングはしてもよいとと言われたので退院したら体調を見て歩こう。


入院9日目

10月2日(水)


眼の調子が悪い。左右の焦点が合っていない。両眼複視の為です。
緑内障の他におまけに白内障まで入ってきてクリアに見えない。

人生は色々な事があります。すべてを受け入れておおらかに乗り切ろう。

「上り下りの一本道で僕らはどうして迷うのだろう」とエルガーの威風堂々の中で平原綾香が
歌っている。

南アフリカのマンデラは言った。「人は大いなる山を登り終えるとそこに見出す事でしょう。
更に登るべき多くの山が待っている事を。」

至言です。僕も負けないで粘り強く進もうぜ。



                          
 
inserted by FC2 system