その2
入院2日目

9月25日(水)

今日より点滴が始まった。何の薬か説明を聞いたがはっきりとは覚えていない。
時間的には今日の9:00AMから明日の朝までかかるそうで気の長い事です。

午後からは経口心エコーで血栓の検査を受けた。
この検査で血栓が認められるとカテーテルアブレーションは延期です。
3年前にはこの検査は受けなかった。

口から入れる時がちょっと辛かった。胃カメラのつもりでごっくんしたらそれが駄目で
した。

検査の結果、血栓は認められず異常ないとの事で、明日のアブレーションが決定です。


入院3日目

9月26日(木)

7:30AM,長男と嫁さんが来る。8:30AM、手術室に向かいます。
3年前を思い出します。

3年前と同じ手術室で準備する看護師さんも同じ人です。
アブレーションを行う先生は当然同じ先生です。

麻酔の注射が左足、右足、右腕にうたれます。

「足の付け根から圧迫されるような感じがあるかも知れません」と看護師さんから言われた。
それは今カテーテルを挿入しているからだそうです。
実際は殆ど感じませんでした。

手術台の上で顔を左右に動かして周囲を見ていたら「どうかしましたか」と聞かれた。

次に気が付いたら集中治療室の中だった。
手術時間はおそらく9:00AM〜1:00PMぐらいでしょう。

集中治療室には次男が仕事の合間を見て来てくれていた。

集中治療室では勝手に足や手、身体を動かしてはいけないと言われた。
勝手に動くとカテーテル挿入の傷跡から出血する可能性がある為だそうだ。
でも腰が痛くてどうしても動いてしまう。

夜は眠剤を服用して寝た。おかげで3年前のように辛くはなかった。
気が付くと6:00AMです。もう少しで病室に戻れます。



                            
 
inserted by FC2 system